YOU!おこもり美容しちゃいなYO!

暇人な女子(元)が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容とか健康維持対策をつづってます。

気が向いたので毎日の美容対策の事を書いてみます。

なんとなく色々探した限りですが、「最近ブームのプラセンタは英語で哺乳動物が妊娠した際に作られる胎盤を示すものです。基礎化粧品や健康食品・サプリメントでこのところよくプラセンタをたっぷり配合など目にしたりしますが、このプラセンタとは胎盤という器官そのもののことをいうのではありませんので心配する必要はありません。」な、いう人が多いようです。

素人ですが、ネットで調べた限りでは、「身体のために大切なコラーゲンは、人間や動物の身体を形成する何よりも一般的なタンパク質であって、皮膚や骨、腱、軟骨など人体の至る部分に存在して、細胞と細胞をつないで支えるブリッジに例えられるような重要な役割を担っていると言えます。」と、解釈されているらしいです。

その結果、顔を洗った後は何もせずに置いておくと化粧水の肌への吸収度合いは悪くなっていきます。また洗顔料で顔を洗った後がもっとも肌が乾燥するので、大急ぎで肌を乾燥から守る保湿成分の入った化粧水を使用しないとどんどん乾燥が進んでしまいます。」だと解釈されていると、思います。

それはそうと私は「加齢の影響や強烈な紫外線を浴びると、身体の中のコラーゲンは劣化して硬くなったり量が減ったりするのです。この現象が、皮膚のたるみ、シワができる誘因になります。」と、結論されていようです。

素人ですが、ネットで調べた限りでは、「ヒアルロン酸の保水する作用の件においても、セラミドが角質層において首尾よく皮膚を守る防壁機能を援護することができたら、肌の保水機能がアップすることになり、より潤いのある瑞々しい肌を」な、公表されているようです。

本日サイトでみてみた情報では、「念入りな保湿によって肌を整えることで、紫外線の吸収をコントロールし、乾燥が引き起こす多種の肌のトラブルや、その上ニキビができたところに残った跡が黒ずんだ色素沈着の誘因になる状況を事前に抑止することに繋がるのです。」だと解釈されている模様です。

本日サーチエンジンで探した限りですが、「美しく健康的な肌を守りたいなら、たくさんのビタミン類を取り入れることが求められますが、実を言うとセメントのように皮膚の組織と組織をつなげる大事な役目を果たすコラーゲンを生成するためにも絶対になくてはならないものなのです。」のように公表されている模様です。

それゆえに、ヒアルロン酸は乳児の時が一番豊富で、30代になると一気に減少速度が加速し、40代にもなると赤ちゃんの時期と比較すると、50%ほどに減り、60歳の頃には著しく減少してしまいます。」のようにいう人が多い模様です。

このため私は、「、肌の表面には、硬くて丈夫なタンパク質で形成された角質層という部分が覆うように存在します。その角質層の細胞同士の間をセメントのように埋めているのが「セラミド」というスフィンゴ脂質という特殊な脂質の一つです。」と、考えられているそうです。

私が検索で調べた限りでは、「プラセンタを配合した美容液と聞けば、老化防止効果や美白効果などの特化した効能を持つイメージがある美容液と思われがちですが、赤く腫れあがったニキビの炎症を確実に抑制して、茶色っぽくなったニキビ痕にも有効に働くととても人気になっています。」な、考えられている模様です。