YOU!おこもり美容しちゃいなYO!

暇人な女子(元)が本で見たりネットで見つけたりした自分が気になる美容とか健康維持対策をつづってます。

今日も取りとめもなくきれいな肌を作るケアについて情報を集めています。

本日色々集めていた情報ですが、「化粧水を顔につける時に「手を使う」派と「コットンの方がいい」派に大きく分かれますが、これは基本的にはそれぞれのメーカーやブランドが積極的に推奨しているつけ方で塗布することを奨励しておきます。」な、考えられているみたいです。

今日検索で調べた限りでは、「若々しくて健やかな肌には豊富なセラミドが含有されており、肌も瑞々しさに溢れしっとりつやつやしています。しかしいかんせん、歳を重ねる度に角質層のセラミド量は低減していきます。」な、公表されているみたいです。

なんとなくサイトでみてみた情報では、「水分を除外した人の身体の5割はタンパク質により作られ、そのうちのほぼ3〜4割がコラーゲンとなっています。コラーゲンの持つ主な働きとして知られているのは身体の皮膚や筋肉、内臓など全身のあらゆる組織を形作るための構成成分となっているということです。」のように考えられているようです。

素人ですが、文献で調べた限りでは、「話題のプラセンタ美容液には皮膚の細胞の分裂を促す薬理作用があり、肌の代謝のリズムを健全な状態に戻し、定着してしまったシミが薄く目立たなくなるなどの美白効果が望めます。」と、結論されていようです。

なんとなく色々調べた限りでは、「普通に売られている美肌用の化粧品や健康補助食品に添加されているプラセンタは馬や豚の胎盤から抽出したものになります。安全性の点から評価した場合、馬の胎盤や豚の胎盤を原料としたものが現在のところ一番信頼できます。」と、解釈されているらしいです。

なんとなくネットで調べた限りでは、「ヒアルロン酸の量は乳幼児の時が一番多く、30代を過ぎるころから急激に少なくなり、40代以降には乳児の時と対比してみると、5割以下に減り、60歳代になると相当の量が失われてしまいます。」のように解釈されている模様です。

さて、今日は「皮膚の真皮層の70%がコラーゲンからできていて、角質細胞の隙間を埋めるような状態で繊維状になって存在しているのです。肌のハリや弾力を維持し、シワやたるみのない若々しい肌を保つ真皮を形作る中心の成分です。」と、解釈されていると、思います。

私が色々みてみた情報では、「かなり乾燥してカサカサになった肌で悩まれている方は、全身の隅々にまでコラーゲンが十分にあったなら、身体が必要とする水分が閉じ込めておけますから、乾燥肌への対応策にも役立つのです。」のように結論されていようです。

逆に私は「スキンケアの基本として重要な化粧水を肌に塗る時には、最初に適切な量をこぼれないように手のひらのくぼみに乗せ、体温で優しく温めるような意識を持って掌に大きく伸ばし、万遍なく顔全体に優しく押すようにして溶け込むように馴染ませます。」な、いわれている模様です。

素人ですが、書物で調べた限りでは、「ヒアルロン酸の水分を保持する能力の件においても、角質層においてセラミドが効率的に肌の保護バリア能力を援護することができたら、皮膚の保水力が増強されることになり、更なる弾力に満ちた肌をキープし続けることができます。」と、結論されていと、思います。